水を止めよう|トイレが流れない!トイレつまりは業者に直してもらおう!

トイレが流れない!トイレつまりは業者に直してもらおう!

洗濯物

水を止めよう

笑顔の女性

トイレつまりを解消する、もしくは業者に解消してもらう際には、必ず行わないといけないことがあります。
それは、つまりを取る作業を行っている間に水が増えないようにするという事です。

つまりを取る作業を行っている最中はまだトイレは詰まっている状態です。
その為、作業中に水が増えるような事があればどんどん水かさが増していき、最終的には便器から溢れてしまう事があるのです。
なので、つまりを取る作業を行う際には「止水栓を閉める」「ウォシュレットのコンセントを抜く」「自動で流れるシステムの電源を切る」などの作業を真っ先に行うようにしましょう。
これらの作業を行わずにつまりを解消しようとした場合、作業中に勝手に水が流れて水かさが一気に上昇してしまい、トイレの中が水浸しになってしまったり、マンションなどの場合はトイレの中に溢れた水が床にしみこみ、下のフロアで雨漏りを起こす可能性もあります。

もし止水栓を締めずに作業を行うのであれば、自動で流れるようなシステムの電源のみ切っておき、絶対に水かさを増やさないように作業をする、というのを意識するようにしましょう。
また、電源をどう切るのかを調べる間に勝手に水が流れて水かさが増えていってしまうのであれば、思い切ってトイレもしくは自宅のブレーカーを落とすというような方法を取るのも手ではあるので、最終手段として覚えておくようにしましょう。